横浜市南区 足のしびれは、足の血管静脈瘤の前兆

横浜市南区 足のしびれは、足の血管静脈瘤の前兆

横浜市南区 足のしびれは、足の血管静脈瘤の前兆 足の血管静脈瘤の場合、その前兆症状として、足のしびれや冷えを伴う事があります。 血管の弾力が低下し、蛇行するように皮下に浮き出てきますので見た目にもすぐに判断が出来る場合もあります。 足が次第にむくみ、腫れているような感覚もあるなど様々な症状が出てきます。 足の血管静脈瘤の前兆症状として腰骨の部分に痛みを感じる場合には、腰骨のゆがみが原因で腰椎がズレ足に向かって流れている神経を圧迫している事が考えられます。 さらに膝裏やふくらはぎの部分にも赤く細い血管が浮き出すようであれば、静脈瘤が発生する前兆のである確立が高くなるでしょう。 足の血管静脈瘤の原因は神経を圧迫している事がありますので、整体院で上部頸椎の矯正を行うことで改善できる事もあります。 その他の足のしびれを伴うような症状には、坐骨神経痛や腰部脊柱管狭窄症、腰椎椎間板ヘルニア、後縦靱帯骨化症、脊柱管狭窄症、腰椎すべり症、足根管症候群、糖尿病、下肢閉塞性動脈硬化症などがあります。 これらの症状は、自己判断を行う事が難しい場合がほとんどですから、足のしびれを感じた場合には、速やに整体院もしくは病院で診療してもらうようにしましょう。 横浜市南区 血管静脈瘤なら出張費無料の「はま出張整体」にお任せください。

お申込みはこちら


お申込みはお電話かメールにて承っております。

910


※夜21時以降は、深夜料金として追加3000円頂きます。


PAGE TOP




MENU

MAIL

TEL
HOME

9