横浜市南区 四十肩・五十肩の原因と症状について

横浜市南区 四十肩・五十肩の原因と症状について

横浜市南区 四十肩・五十肩の原因と症状について はっきりとした原因などは、今だ解明されていませんが、40歳、50歳を迎える頃に発症すると言われている四十肩や五十肩の症状は、腕が方より上に持ち上がらない、動きがわるくなる症状をさします。 老化によるものだと考えられていますが、関節や肩甲骨周辺の組織が何かしらの炎症や拘縮を引き起こすと言われています。 四十肩や五十肩の症状を引き起こす原因と言われているものはいくつかありますが、例えば、運動不足による筋力の低下や質の低下があります。 腕を上に上げるという動作は、意外と見過ごされることが多く、年齢とともに筋力が劣化すると言われているのです。 逆に仕事など、日常的に上に腕を上げる作業を行うことで、必要以上に肩の部分に負担をかけている場合も、四十肩や五十肩になりやすいと言われています。 また退職とともに、体を動かそうとはじめたゴルフやテニスなどのスイングが五十肩や四十肩の引き金になるケースも少なくありません。 主な症状としては、肩から腕にかけての部分に痛みがある、上下、水平の動きが制限されている、動かしにくいといった例があります。 洋服の脱ぎ着、ネクタイの締めずらさ、背中のファスナーがあげられないなどの不具合が生じ、酷い人の場合は、日常生活にまで影響を及ぼすと言われています。 四十肩や五十肩の症状が悪化すると、夜間あまりの痛みに目がさめるといった例もありますので、早期治療を行うようにしましょう。 横浜市南区 四十肩・五十肩なら出張費無料の「はま出張整体」にお任せください。

お申込みはこちら


お申込みはお電話かメールにて承っております。

910


※夜21時以降は、深夜料金として追加3000円頂きます。


PAGE TOP




MENU

MAIL

TEL
HOME

9