横浜市南区 腰痛のタイプについて理解しよう

横浜市南区 腰痛のタイプについて理解しよう

横浜市南区 腰痛のタイプについて理解しよう 腰痛といっても原因や症状は色々とあり、それによって対処方法もまったく異なります。 腰の痛みを誘発する原因を理解し、それにあった方法で対処できるように腰痛のタイプを覚えておくといいでしょう。 腰痛には大きく分けて3つのタイプがあると言われています。 まず一つ目に、脊椎の間の椎間板と言われているクッションの役割をしている部分や骨盤の骨、背中や腹筋が原因となる痛み、肝臓や膵臓などの臓器や婦人科系の病気やホルモンの異常分泌、腫瘍など内臓疾患が原因となっている腰痛、精神的なストレスや心身症などが原因の腰痛があります。 これらの腰痛は、骨や筋肉に必要以上の負担をかけたことによる過労や環境の変化によるストレス、内臓機能の低下が原因となります。 次に急性期の腰痛として最も代表的なものに、ぎっくり腰があります。 ぎっくり腰は、筋肉などその周辺の機能が損傷している事が考えられ、痛みも強いのが特徴的です。 とにかく炎症をおさえるために安静が必要となります。 原因としては、慢性的な腰痛が根本にあるといわれていますが、過労やストレスによる影響で痛みが強くなるケースもあります。 最後に体を屈伸した時に痛みを感じる屈曲型、体を曲げた時に痛む進展型というタイプの腰痛もあります。 脊椎は通常緩やかなS字カーブを描き、様々な負荷をほどよく分散させています。 しかし姿勢の悪さやうまれつきの体質によって、S字カーブがなくなり、やや直線過ぎたり、猫背となっている事が原因で筋肉のこわばりや神経の損傷等によって腰痛を引き起こすこともあります。 横浜市南区 腰痛なら出張費無料の「はま出張整体」にお任せください。

お申込みはこちら


お申込みはお電話かメールにて承っております。

910


※夜21時以降は、深夜料金として追加3000円頂きます。


PAGE TOP




MENU

MAIL

TEL
HOME

9