横浜市南区 頚椎椎間板ヘルニアの症状の特徴について

横浜市南区 頚椎椎間板ヘルニアの症状の特徴について

横浜市南区 頚椎椎間板ヘルニアの症状の特徴について 頸椎椎間板ヘルニアと腰椎椎間板ヘルニアを比べてみると比較的症状が穏やかだと言われているのが、頚椎椎間板ヘルニアです。 人によって痛みや症状に違いはあり、また急性の場合の痛みは強く激しい事があり、一概には言い切れませんが、比較的痛みが緩やかだと言われています。 頸椎椎間板ヘルニアの症状は、神経の圧迫されている部位によって、症状が上半身に出るのか、もしくは圧迫されている部分が広範囲に及ぶ場合には、全身に症状が及ぶケースもあります。 頸椎椎間板ヘルニアは、ヘルニアを引き起こしている直接の頚椎の部位よりも、圧迫された神経がある部位が痛むと言われています。 つまり右腕を担当する神経が圧迫されている場合の頸椎椎間板ヘルニアの場合には、首が痛いのではなく、腕そのものが痛みを感じるのが特徴です。 その為熱さや痛み、感覚を司る神経をヘルニアが圧迫すると当然その部分の感覚が阻害され、熱さや冷たさに鈍くなったり、痛みがまったく無いなどの無自覚が発生します。 逆に冷たくないのに、熱いと感じたり、痛くなのにいたいと感じるケースもあります。 その他頚椎椎間板ヘルニアの症状でよく発生する症状には、頭痛やめまい、視力低下に肩こり、首を一定方向に動かした場合の痛みやしびれがあります。 横浜市南区 頚椎椎間板ヘルニアなら出張費無料の「はま出張整体」にお任せください。

お申込みはこちら


お申込みはお電話かメールにて承っております。

910


※夜21時以降は、深夜料金として追加3000円頂きます。


PAGE TOP




MENU

MAIL

TEL
HOME

9