横浜市南区 ぎっくり腰で注意すべきポイントは?

横浜市南区 ぎっくり腰で注意すべきポイントは?

横浜市南区 ぎっくり腰で注意すべきポイントは? ぎっくり腰、坐骨神経痛といっても様々な原因や特徴があります。 人によっても様々ですが、椎間板ヘルニアなどによる初期の場合にみられる急性の症状から、ある程度の原因を改善した後も続く慢性症状などもあります。 急性期と慢性期では処置のした方に大きな違いがありますので、炎症を悪化させないためにも注意点を把握しておきましょう。 原因である炎症がわかりやすい急性期の場合には、とにかく炎症を抑えることが第一の処置となります。 炎症を引き起こしている場合には、体を休め安静にすることが急務。 ギックリ腰の時と同様に、急性期の坐骨神経痛の時は患部の熱を取り除くことが必須です。 炎症を拡大させないためには、無理に身体を動かす、マッサージをするなどは、絶対に禁物です。 さらに多少痛みが収まったとは言え、いつもの様に身体を動かしてしまうと完全に治りきってない身体に無理をすることになりますので、症状がひどくなる危険性があります。 炎症が完全におさまっていない状況で身体を動かすと、しびれや痛みをひどくすることが多く、その結果治療が遅れてしまうケースが多いと言われています。 ぎっくり腰、急性期の坐骨神経痛の炎症がおさまり、身体を動かせるくらいになったら、すぐに最寄りの医師、整体院等に通い、その後の処置をしっかりと行うようにしましょう。 横浜市南区 ぎっくり腰なら出張費無料の「はま出張整体」にお任せください。

お申込みはこちら


お申込みはお電話かメールにて承っております。

910


※夜21時以降は、深夜料金として追加3000円頂きます。


PAGE TOP




MENU

MAIL

TEL
HOME

9