横浜市南区 「眼精疲労」は様々な症状を招くので注意が必要

横浜市南区 「眼精疲労」は様々な症状を招くので注意が必要

横浜市南区 「眼精疲労」は様々な症状を招くので注意が必要 近くの物を長時間見続けることなどによって目の疲れを感じることがありますが、休息をとれば解消する「疲れ目」という一時的なものが多いです。 しかし、睡眠をとるなど休息しても目の疲労感が回復することなく、まぶたがピクピクする・目がかすむ・目の奥が痛いなどといった症状が起こったり、頭痛や肩こり、倦怠感といった症状が起こったりすることを「眼精疲労」といいます。 症状が進行してしまうとイライラや不安感、抑うつなどといった精神的なところにまで影響を及ぼし自律神経の症状に発展する可能性もあります。 このように単なる「疲れ目」と「眼精疲労」には違いがあることを理解しておきましょう。 原因として考えられることは、様々なことで目を酷使しすることにより首や肩の筋肉が疲労して異常収縮を起こし疲労回復ができなくなることです。 また、骨格の歪みや筋肉の張りなどにより、血行が悪くなり自然治癒力も低下してしまうからです。 ですから改善方法としては、目を酷使しないことですし、目の周りの筋肉の緊張をほぐし血行を良くすることです。 肉体的にも精神的にも悪影響が起こらないように、眼精疲労に対する予防を心がけましょう。 横浜市南区 「眼精疲労」なら出張費無料の「はま出張整体」にお任せください。

お申込みはこちら


お申込みはお電話かメールにて承っております。

910


※夜21時以降は、深夜料金として追加3000円頂きます。


PAGE TOP




MENU

MAIL

TEL
HOME

9