横浜市南区 椎間板ヘルニアの症状にあった治療を

横浜市南区 椎間板ヘルニアの症状にあった治療を

横浜市南区 椎間板ヘルニアの症状にあった治療を 背骨と背骨の間にある椎間板の髄核が脊髄神経を圧迫することにより、激痛を発症する症状が「椎間板ヘルニア」です。 整形外科や整体などにより治療するでしょうが、症状によって治療が適さないこともあるので注意が必要です。 つまり、整形外科や整体を症状に合わせて上手に活用することが大切なのです。 失禁を伴う症状や激痛のためほとんど眠れない・自力で歩行できない症状の場合には、整形外科の治療で改善する必要があります。 もし、そのような症状の時に整体で治療すると症状を悪化させてしまう危険があります。 整形外科の治療である程度改善しても、鈍痛や特定時の痛みが残ることもあります。 そのような治りかけの症状に対しては、整体の治療はとても効果的です。 どのような病気・症状にもいえることですが、適切な治療をすることが最善の効果を引き出してくれます。 椎間板ヘルニアの症状に対して、整体の治療が効果的なケースと整体をしてはいけないケースがあることを理解して、最善の治療で症状を解消しましょう。 横浜市南区 椎間板ヘルニアなら出張費無料の「はま出張整体」にお任せください。

お申込みはこちら


お申込みはお電話かメールにて承っております。

910


※夜21時以降は、深夜料金として追加3000円頂きます。


PAGE TOP




MENU

MAIL

TEL
HOME

9