横浜市南区 自律神経失調症の症状が現れたらセルフチェックを

横浜市南区 自律神経失調症の症状が現れたらセルフチェックを

横浜市南区 自律神経失調症の症状が現れたらセルフチェックを 自律神経には「交感神経」と「副交感神経」があり、この2つが無意識のうちに切り替わることで、正常な生活を維持することができます。 しかし、体質的な問題・生活習慣の乱れ・精神的ストレス・性格的な問題など、様々なことが影響して自律神経のバランスを乱してしまうことがあります。 その結果、肩こり・頭痛・めまい・腰痛・胃腸の不調・動悸など、様々な症状が病院の検査で問題が無いのに出てしまうことがあります。 このような症状がみられる場合は、「自律神経失調症」と考えられます。 もし、このような自律神経失調症に見られる症状が現れたら、まずは何か心当たりになる要因がないかを考えてみましょう。 心当たりがあるようなら、それらを自覚して生活のリズムや考え方を変えることにより、ある程度症状が和らぐ可能性があります。 ただ、それでも症状が和らぐことがないのなら、医療機関で検査して症状にあった治療をすると良いでしょう。 また、軽い運動や身体をリラックスさせる体操なども効果が出る可能性がありますし、整体など東洋医学の利用も検討すると良いでしょう。 横浜市南区 自律神経失調症なら出張費無料の「はま出張整体」にお任せください。

お申込みはこちら


お申込みはお電話かメールにて承っております。

910


※夜21時以降は、深夜料金として追加3000円頂きます。


PAGE TOP




MENU

MAIL

TEL
HOME

9