横浜市保土ヶ谷区 温泉を楽しむ 其の3

横浜市保土ヶ谷区 温泉を楽しむ 其の3

横浜市保土ヶ谷区 温泉を楽しむ 其の3 一般に湯船にどれくらいつかっていたら良いかといいいますと、目安としては、額にうっすらと汗をかく程度、心臓がドキドキしはじめたらもう出ましょう。 肩までつかる入浴でしたら、5分から10分もつかっていれば、そういう状況になりますが、時間というよりは、汗、心臓のドキドキが目安です。 温泉に入る回数は、昼過ぎに宿に着いたとしますと、夕食までの間に、まず体を休めてから入る、夕食ではお酒を飲むかもしれませんが、酔いがさめてから入る、そして次の日の朝、朝風呂を浴びたいと、せいぜい3回でしょう。 タイミングが合わない、たとえば朝早く出発するような場合は朝風呂はあきらめましょう。 朝風呂は危険な場合もあります。 朝の時間帯というのは、夜眠っている時に活躍している副交感神経から、昼間活躍する交感神経有利の状況に変わります。自律神経が不安定な状態です。 また、夜中に汗をかいていますので、脱水をおこしています。 朝風呂の時間帯に心筋梗塞、脳梗塞が多発しています。 まず部屋で歯を磨いて顔を洗って目を覚まして、なおかつ水分を補給してから、朝風呂に入る、ということで危険性を大分やわらげることができます。 横浜市保土ヶ谷区 「温泉を楽しむ」なら「はま出張整体」にご相談下さい。

お申込みはこちら


お申込みはお電話かメールにて承っております。

910


※夜21時以降は、深夜料金として追加3000円頂きます。


PAGE TOP




MENU

MAIL

TEL
HOME

9