横浜市保土ヶ谷区 不整脈と最新治療法 (怖い不整脈と怖くない不整脈)

横浜市保土ヶ谷区 不整脈と最新治療法 (怖い不整脈と怖くない不整脈)

横浜市保土ヶ谷区 怖い不整脈と怖くない不整脈 不整脈はどんな病気? 心臓は電気信号で動く臓器です。休むことなく一日に十万回くらい動いています。 電気信号の乱れによって、心臓が早く動きすぎる場合、遅く動きすぎる場合、非常にリズムが乱れるような場合、そのようなものを不整脈といいます。 一分間に50回から100回くらいのスピードが正常といわれています。これは安静状態でのスピードで、運動しているときや興奮している状態では一分間に160から180回くらいまで早くなる場合もあります。 脈のスピードが正常の範囲に入っていても規則正しく動いていない場合は不整脈と定義されます。 不正脈はなぜ起こるのか 一番多いものは原因不明です。ただ今まで原因不明と思われていたものの中に、心臓の筋肉の病気によるもの、また遺伝子を調べることができるようになって遺伝子異常が見つかるものもあります。 それ以外では他の心臓病に伴うようなものがあり、これは不整脈が重症化する場合が多いです。また、加齢や日頃のストレスによって不整脈が起きる場合もあります。 不整脈になると出てくる症状 まず動悸、息切れ、それから不整脈に伴って血圧が急に下がる場合があり、吐き気、冷や汗、めまい、といった症状が出てくることがあります。さらに血圧が下がりますと失神という怖い症状になる場合もあります。 ほとんどの不整脈は怖くないと思ってください ホルター心電図という検査をしますと多くの人が不整脈を持っています。ほとんどのものは、自覚症状ありません。またそれが原因で大きな事故を起こしたり、命を落としたりするようなことはありません。 しかし中には命に関わるような重症な不整脈があります。たとえば心室細動という不整脈は心臓突然死の原因になります。AEDという機械は心室細動によって心臓が停止状態の不整脈を治すための機械です。 また、心房細動によって脳梗塞を併発するといわれていますが、心房細動の人すべてが脳梗塞を起こすわけではありません。不整脈のない人に比べると脳梗塞を起こす確率は高くなります。 不整脈を見つける検査 不整脈は心臓の電気信号の乱れなので、電気信号の検査をするというのが基本です。 「心電図検査」、24時間心電図を記録し続けることができる「ホルター心電図」、数日間の心電図を記録することができる「イベントモニター」、百円ライター程度の小さな機械を胸の皮膚の中に埋め込んで数年間不整脈の発生を監視する「植え込み型ループレコーダー」という機械もあります。 また電気信号の乱れを検査すること以外に、不整脈を伴う心臓病をチェックすることが大切です。 胸部X線検査、心臓超音波検査、心臓のCT検査、MRI検査、このような検査を行う場合もあります。 横浜市保土ヶ谷区 不整脈なら「はま出張整体」にご相談下さい。

お申込みはこちら


お申込みはお電話かメールにて承っております。

910


※夜21時以降は、深夜料金として追加3000円頂きます。


PAGE TOP




MENU

MAIL

TEL
HOME

9