横浜市保土ヶ谷区 温泉を楽しむ

横浜市保土ヶ谷区 温泉を楽しむ

横浜市保土ヶ谷区 温泉を楽しむ 一泊二日で温泉に行くとします。 お昼過ぎくらいに、車を運転して宿にチェックインしました。 到着して、「すぐにお風呂に入りたい」と思いがちですが、いったん体を休めてからお風呂に入るのが良いです。 旅館・ホテルに行きますと、よく部屋に温泉まんじゅうが置いてありますが、これには「一口食べてお茶を飲んでゆっくり体を休めてください」という意味があります。 体を休めることによって、体の緊張感が取れます。体を休めてからお風呂に入ると、お湯の温度・水圧など色々な影響が良い方に表れます。 実際、車を運転して行くと体は疲れています。 筋肉の中に残っている疲労物質を早く排出しなければいけない状況で、すぐにお風呂に入ってしまうと、お湯の温度によって皮膚の表面の血管が温められて広がり、筋肉にいくべき血液が皮膚の表面に行ってしまいます。 そうすると筋肉の疲労はなかなか取れなくなってしまいます。 また、ご飯を食べた直後にお風呂に入ってしまうと、消化に必要な血液が別の場所に行ってしまい、消化不良を起こしてしまいます。 日本人は熱い湯が好きで「熱い湯に入りたい!」という方が多いですが、食事の関係からいえば、熱い湯に入ったとたんに胃袋の動きがピタッと止まってしまいます。胃がもたれるという現象です。 消化吸収のためにも食事の後、30分以上あけて入浴するのが快適な入浴方法です。 横浜市保土ヶ谷区 「温泉を楽しむ」なら「はま出張整体」にご相談下さい。

お申込みはこちら


お申込みはお電話かメールにて承っております。

910


※夜21時以降は、深夜料金として追加3000円頂きます。


PAGE TOP




MENU

MAIL

TEL
HOME

9