横浜市保土ヶ谷区 歩くことの効用 其の3

横浜市保土ヶ谷区 歩くことの効用 其の3

横浜市保土ヶ谷区 歩くことの効用 其の3 最近の子どもは歩かなくなり、体力も少ないとよく言われています。 実際の小学五年生の子どもについて調べてみますと、今から30年前の1983年には1日平均約17,000歩も子どもは歩いていました。20年後の2003年には約16,000歩と約1,000歩も減っています。 歩行数と比例するように、10歳から14歳の子どもの体力・運動能力は1980年から1996年にかけて低下し続けています。 高齢者についても1日の歩数と体力とは比例しています。 1週間に3日から4日も歩く75歳から79歳の後期高齢者の体力年齢は7、8歳若くなっています。これらの人たちに比べて歩きの少ない70歳から74歳の前期高齢者よりも体力的には優れているということが知られています。 歩くことによる体力増加の効果は、週末にゴルフに行ったり、野球をしたりすることよりも優れています。 歩くことによって、静かに楽に体力を増強することができます。 歩く習慣をなくしますと、どの年代の人でも10%から15%も体力を低下させてしまうということがわかっています。 横浜市保土ヶ谷区 「歩くことの効用」なら「はま出張整体」にご相談下さい。

お申込みはこちら


お申込みはお電話かメールにて承っております。

910


※夜21時以降は、深夜料金として追加3000円頂きます。


PAGE TOP




MENU

MAIL

TEL
HOME

9