横浜市保土ヶ谷区 歩くことの効用 其の2

横浜市保土ヶ谷区 歩くことの効用 其の2

横浜市保土ヶ谷区 歩くことの効用 其の2 一万歩、目一杯筋肉を使って歩く、というのはたいへんです。普通に歩くとき、あまり筋肉は収縮させていません。 腕相撲をする時には、関節を動かさないで、目一杯力を入れますが、これを静止性筋収縮といいます。 また、ひざを伸ばしたり、曲げたりするとき時にも筋肉は働いています。これを等張性筋収縮といいます。こちらは穏やかな収縮です。 運動選手は静止性の筋収縮で力を入れますが、これは筋肉内の血管や神経が圧迫されて、高齢者にとっては、健康に良くない収縮です。 一方歩く時には、腰から足までの色々な筋肉が働き、長時間関わる足の筋肉をしばしば休ませつつ、大きく関節を動かす、といった等張性の筋収縮をしています。 歩くというのは、筋肉が比較的ゆるんだ状態の時間が長く、弱い圧迫しかかけないので、血圧が上がったり、血管が痛んだりしにくい運動ということになります。 歩くことによって、ストレスがまず解消します。よく眠れるといったような精神面での休養を与えてくれます。 また筋肉を強くしたり、骨密度を増やしたり、心臓や肺の機能を向上させたり、肥満防止、血圧低下などいろいろな効用があります。 歩いて足の裏が刺激され、脳の血管拡張の働きが活発になり、知識を蓄える海馬・大脳皮質への血流が増すというように脳によい働きをします。 「歩く」というのは、今すぐいつでもどこでも開始できる運動です。特別な技術、ルール、服装を必要としません。筋肉を緩めて行い、休養の要素が強い運動で、カロリーを消費するのにも適しています。生活密着型のスポーツとしておすすめです。 横浜市保土ヶ谷区 「歩くことの効用」なら「はま出張整体」にご相談下さい。

お申込みはこちら


お申込みはお電話かメールにて承っております。

910


※夜21時以降は、深夜料金として追加3000円頂きます。


PAGE TOP




MENU

MAIL

TEL
HOME

9