横浜市保土ヶ谷区 不整脈と最新治療法 其の3(心房細動とは)

横浜市保土ヶ谷区 不整脈と最新治療法 其の3(心房細動とは)

横浜市保土ヶ谷区 不整脈と最新治療法 其の3(心房細動とは) 心房細動は心室細動とは全く違う不整脈です。 心室細動は瞬時に意識がなくなって直ちに治療をしないと命に関わる不整脈でしたが、心房細動は基本的には命を落とすことのない比較的良性の不整脈です。 心臓はポンプの役割を果たしている臓器です。そのほとんどの役割は心室が行っています。心房はあくまでもおまけのポンプです。 心房細動になると心臓の上の部屋の心房が細かく乱れます。そうすると脈が非常に不規則になります。まるでモールス信号のようなバラバラなトンツートンツートンツーというような脈になります。 心房細動は症状のない人も多いですが、中には強い動悸を感じたり、息苦しくなたっり、場合によっては血圧が下がってめまいを起こす人もいます。 60歳から70歳の人ですと、だいたい20人に1人、70歳から80歳ですと、10人に1人は心房細動といわれています。心房細動というのは、白髪とか顔のしわのように一種の老化の現われと考えられます。 脳梗塞によるリスクの高い方、心臓の機能障害を起こす可能性の高い方は、事前に治療しておくことが大切です。 心房細動だけで脳梗塞になるということはそんなに多くはありません。ただ高血圧症、糖尿病といった生活習慣病、またそれ以外の心臓病、さらに脳梗塞を一回やったことがあるような人は心房細動を発生すると脳梗塞を起こす可能性が高いといわれています。 そのような方は、あらかじめ血液が固まりにくくなるような、血液がさらさらになるような治療をしておくと脳梗塞を予防することができます。 横浜市保土ヶ谷区 不整脈なら「はま出張整体」にご相談下さい。

お申込みはこちら


お申込みはお電話かメールにて承っております。

910


※夜21時以降は、深夜料金として追加3000円頂きます。


PAGE TOP




MENU

MAIL

TEL
HOME

9