横浜市保土ヶ谷区 長寿日本一長野県から食と健康を考える 其の二

横浜市保土ヶ谷区 長寿日本一長野県から食と健康を考える 其の二

横浜市保土ヶ谷区 長寿日本一長野県から食と健康を考える 其の二 長野県は南北に長く、日本の屋根と言われる大きな山脈、北アルプス・中央アルプス・南アルプスがあり、その中に川が通っています。その谷々でそれぞれ食文化があります。 木曽地方にすんき漬けという漬け物があります。これは塩を使わない漬け物で乳酸発酵だけで漬け込んだものです。これを味噌汁の中に野菜の具として入れたり(すんき汁)、蕎麦の上のトッピング(すんき蕎麦)に使ったりします。 またエゴノリという海藻を煮溶かして、こんにゃくのように固めて酢味噌やわさび醤油で食べるというものがあります。かつて塩の道と呼ばれていた新潟県の方から塩を運んでくる道沿いの地方に残っています。 また飯田地方では二度芋という在来種の小さなジャガイモを田楽にして食べています。 長野県の一部の地域では雪が深く、冬には野菜がほとんど採れなくなります。実りの季節に採れたものを一年の中でどういう風にやりくりをしていくかということを考えて、その土地土地で色々な工夫をし、無駄なく使い切るという文化があります。 横浜市保土ヶ谷区 食と健康なら「はま出張整体」にご相談下さい。

お申込みはこちら


お申込みはお電話かメールにて承っております。

910


※夜21時以降は、深夜料金として追加3000円頂きます。


PAGE TOP




MENU

MAIL

TEL
HOME

9