戸塚区 椎間板ヘルニアとは

戸塚区 椎間板ヘルニアとは

戸塚区 椎間板ヘルニアとは 24個の小さな骨が構成されている背骨は、つみ木のように椎骨という骨の集まりなのです。 椎骨と椎骨の間には、骨通しの摩擦を防ぐために、クッションの役割を担う椎間板があります。 椎間板は年齢とともに減少し、次第に椎骨同士がぶつかり炎症を引き起こすのです。 椎間板ヘルニアは、加齢や、プロスポーツなど激しい運動が原因で線維の一部や髄核が突出した状態をいいます。 飛び出した脊髄や神経根を圧迫し、腰痛や神経痛などの強い痛みやしびれを引き起こすのが一般的に言われている椎間板ヘルニアなのです。 通常の腰痛に比べると、その痛みは、ひどく、症状が悪化すると歩行困難だけでなく、寝ていることさえも辛いという本当に大変な症状と言われています。 完治するまでには、大変な時間と手術などの様々な治療方法を用いる必要があります。 発症年齢は50代、60代が多く運動不足による骨の状態の悪化や筋力の低下がさらに症状をひどくしていることもあります。 戸塚区 椎間板ヘルニアなら「はま出張整体」にお任せください。

お申込みはこちら


お申込みはお電話かメールにて承っております。

910


※夜21時以降は、深夜料金として追加3000円頂きます。


PAGE TOP




MENU

MAIL

TEL
HOME

9