戸塚区 変形性脊髄症の坐骨(座骨)神経痛とは

戸塚区 変形性脊髄症の坐骨(座骨)神経痛とは

戸塚区 変形性脊髄症の坐骨(座骨)神経痛とは 変形性脊髄症の坐骨(座骨)神経痛とは、臀部から足先まで通る坐骨神経がなにかしらの影響で圧迫されている事が原因と言われる痛みやしびれを伴う症状の総称となります。 私たちは、頻繁に坐骨神経痛という言葉を耳にしますが、これは医学的な名前ではなく、症状に応じてつけえられた呼び名と言われてます。 その名の通り坐骨に関係する症状で、坐骨神経には、運動神経や自律神経、知覚神経を含め末梢神経の中ではもっとも太く長い神経と言われています。 皮膚に近い場所にあることから寒冷や圧迫、その他外傷を受けやすいのも坐骨神経の特徴なのです。 年齢を重ねるごとに発症のリスクが高くなりますが、近年若い人にも発症する例が多くなっていると言うのです。 我慢できない痛みであるため、多くの人が、ついつい我慢してしまい症状を悪化させてしまうのです。 症状は人によって異なりますが、ふくらはぎやモモの後ろ、足のウラなどにかけて鈍い痛みやしびれがあります。 立ったり座ったりを繰り返すと次第に強い痛みを感じるようになり、症状が悪化するにつれ、天候にも左右される事があると言います。 戸塚区 坐骨(座骨)神経痛なら「はま出張整体」にお任せください。

お申込みはこちら


お申込みはお電話かメールにて承っております。

910


※夜21時以降は、深夜料金として追加3000円頂きます。


PAGE TOP




MENU

MAIL

TEL
HOME

9