横浜市保土ケ谷区 冷え症は放っておくと様々な弊害を起こす

横浜市保土ケ谷区 冷え症は放っておくと様々な弊害を起こす

横浜市保土ケ谷区 冷え症は放っておくと様々な弊害を起こす 女性の悩みとして多いのが「冷え症」ですが、そのまま放置しておくと様々な弊害が起こします。「冷え性」くらいと軽視せずしっかりと改善に向けて努力していきましょう。 一般的な日本人の平熱は36.5度といわれています。体温がもし1度下がると基礎代謝量が12%低下し、免疫力も40%低下するといわれています。 つまり、冷え症を放っておくと体の抵抗力が落ちてしまい、様々な病気になる可能性が高くなるということです。 また最近の研究では、体温が35度前後がガン細胞にとって一番働きやすい温度といわれています。 さらに、ガン患者さんの多くが冷え性であると断言する医師もいるようです。 その他、頭痛・肩こり・腰痛・疲れ目・めまい・むくみ・貧血など、様々な症状が表れてくる可能性もあります。 整体では、冷え症を改善するために骨盤をはじめ体の歪みを矯正します。体が歪むと筋肉が緊張し血管が圧迫されます。その結果、様々な悪影響を起こすと考えているからです。 整体で体の歪みを整え、自然治癒力の働ける環境をつくり、冷え症を改善してみるのも良いでしょう。 横浜市保土ケ谷区 冷え性の改善なら「はま出張整体」にお任せ下さい。

お申込みはこちら


お申込みはお電話かメールにて承っております。

910


※夜21時以降は、深夜料金として追加3000円頂きます。


PAGE TOP




MENU

MAIL

TEL
HOME

9