横浜市港南区 「産後うつ」は早期発見・早期治療が大事

横浜市港南区 「産後うつ」は早期発見・早期治療が大事

横浜市港南区 「産後うつ」は早期発見・早期治療が大事 「産後うつ」は、慣れない育児による疲労と環境の変化、また体内のホルモンバランスの 急激な変化など、様々な要因が複雑に重なって起こるといわれています。 特に、几帳面・生真面目・頑張り屋・完ぺき主義という性格の人は、どうしてもストレスが 溜まりやすく、「産後うつ」になりやすいといわれています。 似たような症状として「マタニティブルー」というのがありますが、実際は全く違うものです。 マタニティブルーは、一般的に出産後2~3日頃から始まりますが、日常の生活に支障は なく出産後1ヶ月程度で収まります。 しかし、「産後うつ」は出産後約1ヶ月頃からはじまり、症状が数週間でピークになり、そ の後も長く苦しむことが多いといわれています。 「産後うつ」にならないためには、何といってもストレスを溜めないことが大切です。 育児に張り切りすぎないで休める時には休むようにするといでしょう。 また、整体で体の緊張をほぐしてリラックスするのもひとつの方法です。 どうしても症状が改善されないような場合には、専門医に相談するか出産した産院の助産 師さんに相談しましょう。 何よりも、早期発見・早期治療で長引かせないことが大事です。 横浜市港南区 「産後うつ」の体の緊張をほぐすなら「はま出張整体』にお任せ下さい。

お申込みはこちら


お申込みはお電話かメールにて承っております。

910


※夜21時以降は、深夜料金として追加3000円頂きます。


PAGE TOP




MENU

MAIL

TEL
HOME

9