横浜市港南区 関節リウマチの自覚症状を把握しよう

横浜市港南区 関節リウマチの自覚症状を把握しよう

横浜市港南区 関節リウマチの自覚症状を把握しよう 男性に比べると女性の発症率が高いと言われている関節リウマチですが、出来る限り早期治療を進めるためにも症状等を把握しておくとよいでしょう。 関節リウマチの自覚症状として、最も特徴的なのが、関節の腫れです。 指先から2番目の関節、それと3番目の関節の部分が腫れてくるのが、関節リウマチの代表的な特徴と言えます。 腫れがひどくなると握る、絞るという動作ができにくくなります。 例えば、軽い物を持ち上げることができずに物を落としやすくなったり、指輪が抜けなくなったり、雑巾や布巾を絞る事ができないなどの日常的な異変が生じます。 さらに左右の足の裏、それと指の付け根の関節に症状が出やすいと言われており、朝起きて歩いた時に凸凹道を歩いているような違和感、指の付け根の関節の腫れにより靴がはけない、正座ができない、すぐに立てないなどの症状も見受けられます。 このような症状は突如発生するのではなく、症状がひどくなる前に、食欲不振、微熱、慢性的な疲労、血色不良、体重の減少、精神的な不安定等が認められます。 関節リウマチの初期症状を把握しておくことで、早期に適切な対処ができると思いますので、少しでも関節のこわばりなどの異常を感じたらすぐに医師に相談するようにしましょう。 横浜市港南区 関節リウマチの自覚症状ではないかと疑ったら「はま出張整体」へご相談下さい。

お申込みはこちら


お申込みはお電話かメールにて承っております。

910


※夜21時以降は、深夜料金として追加3000円頂きます。


PAGE TOP




MENU

MAIL

TEL
HOME

9