戸塚区 「腰椎分離症」の原因と症状などについて

戸塚区 「腰椎分離症」の原因と症状などについて

戸塚区 「腰椎分離症」の原因と症状などについて 腰椎は椎体・椎弓・椎間板に分けられて、前方の椎体と後方の椎弓が離断され、骨の連続性が断たれた状態を「腰椎分離症」といいます。 原因としては、先天的に腰椎に変形があるケースと後天的に要因が考えられます。 後天的な原因で最も多いのが、子供の頃にスポーツなどで腰に過度な負荷がかかり、腰椎部が疲労骨折を起こしたことです。 ですから、スポーツをしている小学生から高校生が腰痛を訴えるような場合は、腰椎分離症を疑ってみる必要があります。 症状としては、するどい痛みではなくて、重く鈍い痛みの「鈍痛」を感じます。 また、腰を後ろに反らす動作で痛みが増したり、同じ姿勢を長時間した時や重労働の後に痛みが強くなったりします。 あと、成人では脚の痛みやしびれ、筋力低下が現れるケースもあります。 治療は、まず腰への負荷を軽減させて保存的療法を行って、血液循環が良くして痛みを改善するため温熱療法を行います。 予防としては、腰背部や大腿部のストレッチと筋力強化と日常生活における姿勢に気を付けることです。 戸塚区 腰椎分離症なら「はま出張整体」にお任せください。

お申込みはこちら


お申込みはお電話かメールにて承っております。

910


※夜21時以降は、深夜料金として追加3000円頂きます。


PAGE TOP




MENU

MAIL

TEL
HOME

9