戸塚区 半月板損傷の症状と治療について

戸塚区 半月板損傷の症状と治療について

戸塚区 半月板損傷の症状と治療について 膝関節の大腿骨と脛骨の間にある三日月型をした軟骨様の板が「半月板」で、内側・外側にあってクッションとスタビライザーの役割をしています。 損傷すると膝の曲げ伸ばしで痛みやひっかかりを感じたり、腫れるなどの症状が起こります。 症状が酷い場合には、膝に水が溜まったり、急に膝が動かなくなる「ロッキング」という状態になり、運動障害や歩行障害などの症状が出てきます。 半月板損傷の原因としては、スポーツで体重が加わった状態によるひねりや衝撃で損傷するケースと、前十字靱帯損傷などと合併して起こるケースがあります。 また、加齢によって変性するため40歳以上になると軽い外傷でも損傷が起こりやすくなり、加齢というのも原因として考えられます。 様々な原因があるので損傷の形も様々で、変性断裂・水平断裂・縦断裂・横断裂に分けられます。 ただ損傷の状態で、そのまま放置すると関節軟骨を傷めることもあるので治療をする必要があります。 半月板損傷の治療は、手術治療と保存的治療の2つで、新鮮な損傷の場合や若い人の場合、また小さな断裂や剥離はなら保存療法です。 症状が酷い場合や保存的治療で改善が見られない時は手術による治療が必要です。 戸塚区 半月板損傷なら「はま出張整体」にお任せください。

お申込みはこちら


お申込みはお電話かメールにて承っております。

910


※夜21時以降は、深夜料金として追加3000円頂きます。


PAGE TOP




MENU

MAIL

TEL
HOME

9