戸塚区 膝痛の半数以上が「変形膝関節症」

戸塚区 膝痛の半数以上が「変形膝関節症」

戸塚区 膝痛の半数以上が「変形膝関節症」 ひざ痛と一口にいっても様々あって、急に痛みが起こる場合には「急性関節炎」、徐々痛みが起こる場合には「慢性関節炎」と考えられます。 また、どんな時に痛みを感じるかやどのような症状がみられるかによって病名の診断がつくこともあります。 階段を昇る時に痛む場合は「膝蓋骨軟化症」、降りる時に痛む場合は「半月板損傷」が考えられます。 また、歩き始めや歩き過ぎると痛むことが多い場合は「変形性膝関節炎」が考えられ、膝痛を訴える人の半数以上がこの変形膝関節症といわれています。 特に、40才以上の中高年に多く、圧倒的に女性に多いという特徴があります。 変形性膝関節炎では、膝の違和感・膝のこわばり・膝の痛み・膝に水が溜まる・関節の変形などの症状が現れます。 ただ、急に症状が酷くなるのではなく、何年もかけて徐々に症状が進行するのが特徴です。 変形性膝関節症の改善に関して意識してほしいことは、関節への負担を軽減することです。 特に、体重が増えると関節の負担も増えるので、無理をしない程度に体を動かすよう心がけることが大切です。 戸塚区 変形膝関節症なら「はま出張整体」にお任せください。

お申込みはこちら


お申込みはお電話かメールにて承っております。

910


※夜21時以降は、深夜料金として追加3000円頂きます。


PAGE TOP




MENU

MAIL

TEL
HOME

9