戸塚区 「顔面神経痛」に似た症状に注意

戸塚区 「顔面神経痛」に似た症状に注意

戸塚区 「顔面神経痛」に似た症状に注意 顔面に激しい痛みが走り、時には顔を洗うことも、食事を摂ることもできないほど苦しい症状が起こるのが「顔面神経痛」です。 このように、顔面に痛みが走るため「顔面神経痛」と呼ばれていますが、これは通俗的な呼び方で医学的には「三叉神経痛」といいます。 三叉神経とは、脳神経の最も大きな神経で、延髄から出発した太い神経が、眼神経・上顎神経・下顎神経の3本の大きな枝に分かれます。 このように3つに分かれているため「三叉神経」といのです。 この顔面神経痛の原因は不明とされることが多いのですが、よく知られている原因のひとつは、動脈硬化などで膨張した血管が三叉神経を圧迫することと考えられています。 また、多発性硬化症による神経の損傷や帯状疱疹による神経の損傷、腫瘍が神経を圧迫することなども原因としてあります。 治療としては、薬物療法や血管除去手術などの病院治療をはじめ、鍼灸治療・整体療法・漢方薬治療などがあります。 ただ、帯状疱疹・副鼻腔炎・群発頭痛・舌咽神経痛といった病気は、痛みなどの症状が似ていることから、顔面神経痛と勘違いすることがあるので注意が必要です。 戸塚区 顔面神経痛なら「はま出張整体」にお任せください。

お申込みはこちら


お申込みはお電話かメールにて承っております。

910


※夜21時以降は、深夜料金として追加3000円頂きます。


PAGE TOP




MENU

MAIL

TEL
HOME

9