戸塚区 辛い症状の更年期障害と骨盤と整体の関係

戸塚区 辛い症状の更年期障害と骨盤と整体の関係

戸塚区 辛い症状の更年期障害と骨盤と整体の関係 女性は卵巣機能が40歳を過ぎる頃から低下し、55歳頃までに卵巣ホルモンの分泌がほとんどなくなり閉経を迎えます。 この卵巣機能の低下によって、内分泌機能にも様々な変化が起こり、それが様々な更年期障害として起こってくるのです。 更年期障害でみられる症状は、のぼせ・めまい・動悸・息切れ・肩こり・腰痛・頭痛・多汗・手足のしびれ・全身の倦怠感や疲労感・目の疲れ・肥満・イライラ・ヒステリーなど様々です。 ただ、体や心がホルモン分泌の乱れに対して敏感に反応する人とそれほどでもない人がいるため、現れる症状や強さに大きな個人差が見られます。 このような辛い更年期障害を少しでも緩和するためには、整体で骨盤の調整をすると良いでしょう。 なぜなら、生理のある時の骨盤は、排卵から生理にかけて骨盤が開いて、生理後から排卵にかけて骨盤は閉じられるというリズムがあります。 しかし、更年期時には骨盤が閉じることが無くなっていき骨盤が開く形で閉経を迎え、生理前と同じで自律神経の緊張が起き易く情緒不安定になったりするからです。 つまり、更年期障害と骨盤には深い関係があるのです。 戸塚区 更年期障害なら「はま出張整体」にお任せください。

お申込みはこちら


お申込みはお電話かメールにて承っております。

910


※夜21時以降は、深夜料金として追加3000円頂きます。


PAGE TOP




MENU

MAIL

TEL
HOME

9