戸塚区 シグナルを察知して「慢性疲労症候群」を予防

戸塚区 シグナルを察知して「慢性疲労症候群」を予防

戸塚区 シグナルを察知して「慢性疲労症候群」を予防 血液検査など全身の精密検査を受けても病気が判明せず、精神疾患にも該当しない場合には、「慢性疲労症候群」かも知れません。 原因不明で極度の疲労が半年以上も継続する病気を「慢性疲労症候群」というので、疑ってみる必要もあるでしょう。 ただ、自律神経失調症・うつ病・神経症・更年期障害などと誤診されているケースもあるので、この点は注意が必要です。 このような症状は生活にも支障がありますし、一時的に改善しても再発するケースも多く、最悪の場合には寝たきりの状態になってしまうケースもあります。 体に休息を求めて脳に警告を発しているシグナルが「疲労感」ですから、辛い症状になる前に休息することが大切です。 また疲労回復のためには、自律神経の交感神経と副交感神経のバランスが重要なポイントになるといわれています。 ですから、バランスが崩れて疲労が回復できない状態が続くと「慢性疲労症候群」の症状になってしまいます。 疲労感を感じたら休息することも大事ですが、体のバランスを整えて自律神経のバランスを整えることも大切です。 ですから、整体などを利用して体のバランスを整えるのもひとつの方法といえるでしょう。 戸塚区 慢性疲労症候群なら「はま出張整体」にお任せください。

お申込みはこちら


お申込みはお電話かメールにて承っております。

910


※夜21時以降は、深夜料金として追加3000円頂きます。


PAGE TOP




MENU

MAIL

TEL
HOME

9